ホーム >講義一覧

講義一覧

No.22 2010/9/15  

「仏教をめぐる冒険」

~龍大探検隊、仏教の西端を探る

龍谷大学 入澤 崇 教授

「仏教をめぐる冒険」

私たちに最も馴染みの深い宗教である仏教はインドで生まれ、アジア各地に広がりました。しかし意外なことに、どのように、またどこまで広がったのか、仏教伝播についてはわからないことが多いといいます。たとえば、東の端は日本で、シルクロードをつたって奈良まで到達しました。では、西の端は? 今回は、この謎に満ちた仏教の西の端がテーマです--。

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.21 2010/8/10  

「最新 恐竜学」

~恐竜研究の最前線を見てみよう

早稲田大学 平山 廉 教授

「最新 恐竜学」

大きくて、強くて、陸上世界を支配していた恐竜。しかし、いまから6500万年前に突然、絶滅してしまった……。そんなミステリアスなところが恐竜の魅力なのかもしれません。本講義では、恐竜の「何がわかり」「何が謎のままなのか」など、恐竜研究の最前線を解説します。

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.20 2010/7/14  

「スペース・デブリがもたらす脅威」

~宇宙はゴミであふれている

九州大学 花田 俊也 准教授

「スペース・デブリがもたらす脅威」

夜空に輝く星、かっこいいロケットや宇宙ステーション――宇宙開発はロマンに満ちています。しかし、その宇宙開発がいま危機に直面していることは意外と知られていません。原因は「宇宙のゴミ」。実は、地球の回りの宇宙空間はスペース・デブリと呼ばれる「ゴミ」に埋め尽くされているのです。それが宇宙開発に深刻な影響を与え始め‐‐

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.19 2010/6/14  

「マーケティング・リサーチで差をつけろ」

~優れた企業の商品戦略

神戸大学 栗木 契 准教授

「マーケティング・リサーチで差をつけろ」

マーケティングとは、「商品を買ってもらうために企業が行うさまざまな活動」のこと。現代の企業活動は、マーケティング抜きに語れない、とさえ言われています。今回は、数あるマーケティング分野のなかでも、最も重要な企業活動のひとつとされる「マーケティング・リサーチ」に注目。--

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.18 2010/5/14  

「どこかおかしい日本の少子化問題」

~データは本当に正しいか

東京大学 赤川 学 准教授

「どこかおかしい日本の少子化問題」

いま、さかんに議論されている日本の少子化問題。少子化に歯止めをかける施策も次々と打ち出されました。しかし一方で、この少子化をめぐる議論や政策には問題点が多い、とも指摘されています。それらの前提となっている--

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.17 2010/4/12  

「『辺境生物学』入門」

~地球の端から探る宇宙生命の可能性

広島大学 長沼 毅 准教授

「『辺境生物学』入門」

辺境生物学……多くの人にとって耳慣れない言葉でしょう。辺境とはすなわち、生物が住みにくい場所。深海や地底の奥深く、火山や極地、砂漠などに棲む生物の研究を通して、「生命はどのように誕生したのか」、その謎に迫ろうという学問です。--

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.16 2010/3/15  

「ロボットで探る人間の不思議」

~ロボカップから認知発達ロボティクスへ

大阪大学 浅田 稔 教授

「ロボットで探る人間の不思議」

私たちの生きる21世紀は「ロボットの世紀」とも言われます。現在、そのロボットの研究で世界の最先端を走るのが日本。日本では世界で稀に見るロボット大国なのです。そんななか--

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.15 2010/2/15  

「越境物質『黄砂』が運ぶもの」

~砂漠からの旅人は“悪者”なのか?

福岡大学 林 政彦 教授

「越境物質『黄砂』が運ぶもの」

黄砂は大陸の砂が風で巻き上げられ、日本まで飛んでくる現象で、西日本、とくに九州の人は、黄砂で遠くが霞んで見えない、といった経験をしていることでしょう。「洗濯物が黄砂でダメになった」という話を聞いた人もいると思います。このように--

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.14 2010/1/15  

「鮮やかによみがえる縄文・弥生・古墳時代」

~古代人の心、邪馬台国・巨大古墳の謎

岡山大学 松木 武彦 教授

「鮮やかによみがえる縄文・弥生・古墳時代」

2009年、奈良・桜井市にある纏向遺跡で新発見が相次ぎました。これにより、再び「邪馬台国」に注目が集まるようになりました。邪馬台国はどこにあったのかは、古代史最大の謎。纏向周辺での発見が--

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

No.12 2009/11/15  

「ゲノム・サイエンス」

~生命科学の最前線を見てみよう

徳島大学 真壁 和裕 教授

「ゲノム・サイエンス」

私たち生命は、すべて遺伝によって親から子へ、また子から孫へとつながっています。遺伝という仕組みがあるからこそ、ヒトの受精卵はヒトに、鳥の受精卵は鳥になっていくのです--

詳しくは「各講義詳細ページ」へ

前のページ

次のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー