ホーム > 講座一覧 > 「地球温暖化ガス、フロンの無害化による資源再生」

「超」教養講座 No.3

関西大学
山本 秀樹 教授
環境都市工学部
エネルギー・環境工学科

広島県生まれ。関西大学工学部卒。同大学大学院工学研究科修了。関西大学講師、助教授を経て、94年教授に就任。現在、環境都市工学部教授。

※動画再生中に動画をクリックすると、Youtubeサイトでより大きな動画をご覧いただけます。

※講義の概要をPDFでご覧いただけます。また、問題形式となった「Q&A」で内容を確認できます。復習にご活用ください。

※InternetExplorer10をお使いの場合、動画がご覧になれないケースがございます。その場合はGoogleChromeなど他のブラウザでの視聴をお試しください。


「地球温暖化ガス、フロンの無害化による資源再生」

私たちに身近な問題である地球温暖化。その温暖化の原因物質として、CO2が大きくクローズアップされていますが、CO2以外にもさまざまな温暖化物質が存在することは意外と知られていません。その代表がフロン。フロンは私たちに欠かせない物質であり、冷蔵庫やクーラーの冷媒なども使われています。このフロンはCO2の1300倍も温暖化に影響を与えます。では、どうやってフロンを処理していくか。関西大学の山本教授は、極めて効率よく無害化すると同時に、貴重な資源であるフロンを原料物質である「蛍石」に戻す方法を開発しました。地球環境の維持・再生を考えながら、資源を有効に活用する「環境再生工学」の最前線を、山本教授の研究成果から見ていきましょう。

第1章地球温暖化はどこまで進んでいるのか

第2章-1温暖化メカニズムとフロンガス

第2章-2温暖化メカニズムとフロンガス

第3章有害なフロンを資源として再生する技術

第4章美しい地球を守る技術・環境再生工学

前のページ

次のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー