ホーム > 講座一覧 > 「コンピュータ・グラフィックス」

「超」教養講座 No.5

中央大学
牧野 光則 教授
理工学部
情報工学科

1964年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科修了。早稲田大学助手を経て、中央大学に。2004年より、中央大学理工学部教授を務める。

※動画再生中に動画をクリックすると、Youtubeサイトでより大きな動画をご覧いただけます。

※講義の概要をPDFでご覧いただけます。また、問題形式となった「Q&A」で内容を確認できます。復習にご活用ください。

※InternetExplorer10をお使いの場合、動画がご覧になれないケースがございます。その場合はGoogleChromeなど他のブラウザでの視聴をお試しください。


「コンピュータ・グラフィックス」
~その仕組みと応用

生活のシーンのいたるところで見ることができるCG(コンピュータ・グラフィックス)技術。もはや、それは現代人の生活に欠かせないものになっています。しかし、身近な存在であるCGが、そもそもどのような原理でできているのかを知っている人は少ないようです。今回は、第一線のCG研究者である中央大学の牧野先生に、CGの基礎をわかりやすく解説いただきました。一言でいえば、CGは「色のついた点の集合体」。問題はその色をどのように決めるかで、それにはいくつかの方法があります。講義の中では、代表的なCG手法である「レイトレーシング法」を取り上げ、CGがどのように描かれるかを探りました。なお、「どのよう『な』CGを描くか」は芸術の分野であり、ここでは「どのよう『に』CGを描くか」というCG技術にテーマを絞っています。

第1章-1さまざまな場面で使われるCG

第1章-2さまざまな場面で使われるCG

第2章-1CGの作り方(1)―CGは細かな点の集合

第2章-2CGの作り方(1)―CGは細かな点の集合

第3章-1CGの作り方(2)―基本となる数学の知識

第3章-2CGの作り方(2)―基本となる数学の知識

第4章CG研究を目指す人たちへ

前のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー