ホーム > 講座一覧 > 「異文化コミュニケーション論」

「超」教養講座 No.10

東京外国語大学
岡田 昭人 准教授
大学院総合国際学研究科

1967年生まれ。同志社大学卒。ニューヨーク大学大学院、オックスフォード大大学院修了。99年、東京外国語大講師、2004年助教授。現在は総合国際学研究科准教授。専門は教育学。留学生を対象とした国際交流プログラムも担当。

※動画再生中に動画をクリックすると、Youtubeサイトでより大きな動画をご覧いただけます。

※講義の概要をPDFでご覧いただけます。また、問題形式となった「Q&A」で内容を確認できます。復習にご活用ください。

※InternetExplorer10をお使いの場合、動画がご覧になれないケースがございます。その場合はGoogleChromeなど他のブラウザでの視聴をお試しください。


「異文化コミュニケーション論」
~理解と交流を進めるためのスキルを学ぶ

異なる文化の人たちと交流する際、私たちの前に大きく立ちはだかるのが文化や習慣の壁。実は、言葉以上に、これらの壁が円滑なコミュニケーションや相互理解にブレーキをかける要因となります。そうした文化間の違いを理論化し、正しいコミュニケーションの方法を学ぶのが「異文化コミュニケーション論」です。具体的に、どのような問題が異文化間のコミュニケーションには存在しているのか。それを乗り越えるためには何が必要なのか。世界に向け大きく羽ばたこうとしている“必須の学問”について、東京外国語大学の岡田先生にわかりやすく解説していただきます。

第1章異文化コミュニケーションとは何か?

第2章異文化コミュニケーションを妨げるもの

第3章-1関連する様々な概念~非言語コミュニケーションなど

第3章-2関連する様々な概念~非言語コミュニケーションなど

第4章改めて考える異文化コミュニケーションの重要性

前のページ

次のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー