ホーム > 講座一覧 > 「ゲノム・サイエンス」

「超」教養講座 No.12

徳島大学
真壁 和裕 教授
総合科学部

1961年東京生まれ。京都大学大学院理学研究科修了。博士(理学)。京大大学院理学研究科助手を経て、2003年、徳島大学総合科学部助教授。現在は、同大学大学院ソシオ・アーツ・アンド・サイエンス研究部教授を務める。

※動画再生中に動画をクリックすると、Youtubeサイトでより大きな動画をご覧いただけます。

※講義の概要をPDFでご覧いただけます。また、問題形式となった「Q&A」で内容を確認できます。復習にご活用ください。

※InternetExplorer10をお使いの場合、動画がご覧になれないケースがございます。その場合はGoogleChromeなど他のブラウザでの視聴をお試しください。


「ゲノム・サイエンス」
~生命科学の最前線を見てみよう

私たち生命は、すべて遺伝によって親から子へ、また子から孫へとつながっています。遺伝という仕組みがあるからこそ、ヒトの受精卵はヒトに、鳥の受精卵は鳥になっていくのです。今回のテーマである「ゲノム」は、この遺伝の仕組みの根幹をなすもの。ここ20年ほどで飛躍的に研究が進んだ分野であり、いま最もホットな研究テーマの一つとされています。徳島大学の真壁和裕先生に、「ゲノム」とは何か、どのような研究がなされているのかなど、生命科学研究の最前線をお話いただきます。

第1章ゲノムとは何か~生命の謎を解く鍵

第2章ゲノムを解読する

第3章ゲノムを応用する~働きと病気

第4章-1進化の謎にせまる

第4章-2進化の謎にせまる

前のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー