ホーム > 講座一覧 > 「携帯電話の不思議を探る」

「超」教養講座 No.26

東北大学
安達 文幸 教授
大学院工学研究科

1950年生まれ。73年、東北大学工学部卒。日本電電公社(現・NTT)を経て、NTTドコモに。2000年、東北大学教授に就任。第1世代から第3世代携帯電話の開発に携わるなど、一貫して移動体通信技術の研究に従事し、日本を代表する携帯電話の研究者として知られる。

※動画再生中に動画をクリックすると、Youtubeサイトでより大きな動画をご覧いただけます。

※講義の概要をPDFでご覧いただけます。また、問題形式となった「Q&A」で内容を確認できます。復習にご活用ください。

※InternetExplorer10をお使いの場合、動画がご覧になれないケースがございます。その場合はGoogleChromeなど他のブラウザでの視聴をお試しください。


「携帯電話の不思議を探る」
~伝わる仕組み、つながる仕組み

日本では1億台を突破し、1人1台の時代に突入した携帯電話。「これがなくては生活できない」という人も多いことでしょう。しかし、当たり前の存在でありながら、この文明の利器は、実に多くの不思議に満ち溢れています。「どこにいても、なぜ会話をすることができるのか」「どうして、高速で移動してもつながるのか」「どうやってデータをやりとりしているのか」等々わからないことだらけ。これら携帯電話の謎に、日本を代表する研究者が迫ります。あわせて、携帯電話の未来についてもみていきます。この先、携帯電話はどのように進化し、私たちの生活はどう変わっていくのでしょうか……。

第1章-1通信の歴史

第1章-2通信の歴史

第2章-1電波が伝わる仕組み

第2章-2電波が伝わる仕組み

第3章-1携帯電話がつながる仕組み

第3章-2携帯電話がつながる仕組み

第4章これからの携帯電話

前のページ

次のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー