ホーム > 講座一覧 > 「花粉症は人の進化と文明の病」

「超」教養講座 No.27

北海道大学
栃内 新 准教授
大学院理学研究院

1951年生まれ。北海道大学大学院修了後、同大学講師を経て、理学研究院准教授。2011年4月、教授に就任。専門は動物発生学、免疫学、進化学で、『新しい高校生物の教科書』などの著書を持つ。なかでも『進化から見た病気』は、ダーウィン医学の入門書として高く評価されている。

※動画再生中に動画をクリックすると、Youtubeサイトでより大きな動画をご覧いただけます。

※講義の概要をPDFでご覧いただけます。また、問題形式となった「Q&A」で内容を確認できます。復習にご活用ください。

※InternetExplorer10をお使いの場合、動画がご覧になれないケースがございます。その場合はGoogleChromeなど他のブラウザでの視聴をお試しください。


「花粉症は人の進化と文明の病」
~ダーウィン医学にみる人間と病気の不思議な関係

花粉が舞い飛ぶ春を、憂鬱な気持ちで迎える人も多いことでしょう。いまや、日本人の3割以上の人が花粉症に悩まされているともいわれています。その花粉症、スギ花粉の増加など環境の変化が大きいのですが、人間の進化も大きくかかわっていることがわかってきました。私たちは進化の過程で免疫という優れた防御機能を身につけのですが、それが利きすぎた状態が花粉症なのです。ダーウィン医学は、こうした進化と病気の不思議な関係を探る学問。人の体に起こる不都合を、進化という視点から捉えなおすことで、さまざまな新しい発見をもたらしました。将来の治療法開発につながると期待が高まっています。

第1章-1地球の誕生と生物の進化

第1章-2地球の誕生と生物の進化

第2章-1脊椎動物の獲得免疫システム

第2章-2脊椎動物の獲得免疫システム

第3章ヒトとウイルスの生存競争

第4章-1なぜ、ヒトは花粉症になるのか

第4章-2なぜ、ヒトは花粉症になるのか

前のページ

次のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー