ホーム > 講座一覧 > 「太陽光発電が拓く未来」

「超」教養講座 No.28

東京大学
藤岡 洋 教授
生産技術研究所

1962年生まれ。84年東京大学工学部卒業後、富士通勤務を経て、95年カリフォルニア大学バークレー校博士課程に。同課程修了後、同校電気工学科研究員。96年、東京大学工学系研究科に移り、2004年より生産技術研究所教授。太陽電池やメモリ素子など半導体を中心とした材料化学の研究者と知られる。

※動画再生中に動画をクリックすると、Youtubeサイトでより大きな動画をご覧いただけます。

※講義の概要をPDFでご覧いただけます。また、問題形式となった「Q&A」で内容を確認できます。復習にご活用ください。

※InternetExplorer10をお使いの場合、動画がご覧になれないケースがございます。その場合はGoogleChromeなど他のブラウザでの視聴をお試しください。


「太陽光発電が拓く未来」
~その仕組みから最先端の研究まで

温暖化の危機がさかんに議論されるようになって太陽光発電への関心が高まり、日本でも自宅の屋根などに取り入れる家庭が増えてきました。しかし、そもそもどのような仕組みで、太陽の光が電気に変わっていくのでしょうか。また、なぜ、これほどまでに太陽光発電が注目されるようになったのでしょう。本講義では、太陽光発電の原理に加え、その最先端の研究・開発について見ていきます――。

第1章太陽電池と太陽光発電

第2章-1太陽電池の仕組み

第2章-2太陽電池の仕組み

第3章-1進化する太陽電池

第3章-2進化する太陽電池

第4章砂漠の太陽光発電で世界を救え

前のページ

次のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー