ホーム > 講座一覧 > 「凍った地球と生命の進化」

「超」教養講座 No.30

東京大学
田近 英一 教授
大学院新領域創成科学研究科

1963年生まれ。東京大学理学部卒、同大学院理学系研究科博士課程修了。理学系研究科助手、准教授を経て、2010年より新領域創成科学研究科教授。専門は地球惑星システム科学、比較惑星環境進化学、地球史学。2009年、スノーボールアースをテーマとした『凍った地球』を出版。

※動画再生中に動画をクリックすると、Youtubeサイトでより大きな動画をご覧いただけます。

※講義の概要をPDFでご覧いただけます。また、問題形式となった「Q&A」で内容を確認できます。復習にご活用ください。

※InternetExplorer10をお使いの場合、動画がご覧になれないケースがございます。その場合はGoogleChromeなど他のブラウザでの視聴をお試しください。


「凍った地球と生命の進化」
~地球環境と生命の驚くべき関係

多様な生物があふれている地球。しかし、生命の進化は常に順風満帆だったわけではないようです。実は、過去に何度も生命は「絶滅の危機」に直面したと考えられています。なかでも、いまから6億5000万年前は「絶滅寸前」のところまでいった。そのとき地球は凍りついていた……。この全球凍結状態が、生命の進化にとても大きな影響を与えたことも最新の研究でわかってきました。地球と生命のダイナミズムに迫ります――。

第1章-1地球史における気候変動

第1章-2地球史における気候変動

第2章-1原生代氷河時代の謎

第2章-2原生代氷河時代の謎

第3章-1全球凍結イベントとは何か

第3章-2全球凍結イベントとは何か

第4章-1地球環境と生命の共進化

第4章-2地球環境と生命の共進化

前のページ

次のページ

そのほかメニュー
ユーザー別メニュー